〜男のためのスキンケア・ビジネスブログ〜

ビジネス用のパソコンはMac・Windowsどちらが良いのか

こんにちは、ミキシタです。

今回はビジネスで使えるノートパソコンをテーマに記事にしていこうと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ
「仕事に使えるパソコンはどれがいいの?」
「重い作業にも耐えられるPCが欲しい」
「自分に最適なPCがわからない」

今回はこういった疑問を解決していこうと思います。

 

先に結論を申し上げておきますと、3D関係の仕事をする人ならWindows、それ以外の場合はMacBookPro一択です。

 

ちなみにこのブログの運営はMacBookPro一台で完結しています。

私はMacとwindowsそれぞれのパソコンを所持していますので、それぞれの良い点、悪い点を今回は記事にしていこうと思います。

 

1.MacBookProのメリット・デメリット

1-1.Macのメリット

MacBookProの良い点

・デザイン性
・小さいのにパワフル
・画面が綺麗
・音質がすごく良い

 

デザイン性

デザイン性はやはりMacが群を抜いて、美しいです。

シンプルなのに細部まで作り込まれた形状、質感など素晴らしいもので、仕事中はMacに触れることで気分が高揚します。

これだけでも価値があります。

 

小さいのにパワフル

動作がサクサクです。

私の場合、ブログを書いていて動作が重くなる事もないですし、動画を見ながら作業も可能です。

また、デスクトップ間の移動も三本指でスワイプするだけなので、同時作業が快適です。

 

画面が綺麗

配色が鮮明で、画面が美しいです。

本職でCGデザイン業をしているのですが、企業先に見せる際に、windowsとmacでは圧倒的にmacの方が綺麗に見えます。

 

音質がすごく良い

これが一番私にとって驚きでした。

初めてMacBookProを開いて動画を再生してみたんですが、圧倒的に音が良い。

なかなかこれは言葉では伝わりずらいので、店頭などで実際に聞いてみて欲しいのですが、音がクリアです。重低音もよくでています。

ちなみに私は休日の朝に、いつもMacBookProで音楽をかけています。

 

1-2.Macのデメリット

Macの悪い点

・3D関係が弱い
・AfterEffectsなどの重い作業には向かない
・ショートカットコマンドを覚える必要性がある

・基本の値段設定が高い

 

3D関係が弱い

これが1番のデメリットだと思います。圧倒的に3D関係が弱いので、CGなどには向きません。

グラフィックボードが弱いんです。

内部のグラフィックボードが弱いのでCGや3Dゲームなどは重くてカクカクします。

 

AfterEffectsなどの重い作業には向かない

マシンスペックが違ければ、変わるのかもしれませんが、動画を編集するAfterEffectsなどにも向きません。

AfterEffectsはグラフィックボードの処理が必要になる事が多いので、Macは不利になります。

Youtubeを始めるために、Macを購入しようとしている方は、よく調べてから検討しましょう。PremireProだけ使う場合は問題は特にないと思います。

 

ショートカットコマンドを覚える必要性がある

コマンドを覚える必要があるのが面倒です。私も最初は苦戦しました。

例えば、捨てたいファイルがある場合は、windowsだと「delete」を押せば良いのですが、macだと「delete+command」をする必要があります。

他にもファイルを開く際は「O+command」など、色々と覚えなければいけないのが面倒な部分です。

 

基本の値段設定が高い

Macを購入する際に悩むポイントが『値段』ですよね。

スペック的な面だけで見ると、windowsのノートパソコンの方が上位の物を同じ金額で購入できます。

安く、ハイスペックPCを購入したい方はWindows一択だと思います。

 

2.WindowsPCのメリット・デメリット

2-1.Windowsのメリット

WindowsPCの良い点

・ハイスペックPCが安い
・『.exe』ファイルが使用できる
・PCパーツを交換してアップグレードできる

 

ハイスペックPCが安い

windowsの大きな利点がこれですね。安いです。

Macだと冗談抜きで40〜50万くらいするスペックのPCが、10〜20万くらいで購入できます。

Macはブランド力やデザイン性が大きく値段を上げてしまっているんだと思います。

 

『.exe』ファイルが使用できる

『.exe』ファイルの拡張子に、windowsは対応しています。Macは対応していません。

特に、ゲームだったり、作業用のソフトだったりはこの拡張子が多いです。

私の場合は3DCGソフトは全て『.exe』のファイルなので、windowsがないと仕事ができません。

 

PCパーツを交換してアップグレードできる

年々PCパーツは新しくなりますが、そのパーツだけを新しく交換する事が可能です。

Windowsパソコンの場合は、パソコン全部を買い換えなくとも、パーツを買い換える事ができるので、費用が最小限ですみます。

Macの場合は拡張ができないので、新しくしたい場合は、パソコンごと買い換える必要性があります。

 

2-2.Windowsのデメリット

Windowsの悪い点

・外観がダサい
・ハイスペックノートパソコンはファンの音がうるさい

 

外観がダサい

一番Windowsを使っていて嫌なのはダサいこと。

使うときはあんまり気分が上がりません。「まぁ、仕事だし。やるか…」と言う感じですね。

このデザイン性がよくなれば本当に市場は大きく変わると思います。

 

ハイスペックノートパソコンはファンの音がうるさい

重い作業をしていると、パソコンを冷やすためにファンが回るのですが、すごくうるさいです。

結構な騒音になるので、仕事をしている時は音楽をかけながら作業をしています。

 

今回の記事をまとめます。アプリ開発やホームページ作成をするならMacにした方が良いです。3DCGや重めのソフト、exeファイルを多様する人はWindowsの方が合理的です。

重要なのは『何にそのパソコンを使うか』です。せっかく買ったのに使わないのではもったいないですからね。購入する前に目的を立ててから購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です