〜男のためのスキンケア・ビジネスブログ〜

なぜ亜鉛を摂取した方が良いのか徹底解説

こんにちは、ミキシタです。

今回は亜鉛が不足するとどういった症状が出るのか、逆に摂取するとどんなメリットがあるのか、などを記事にしていこうと思います。

この記事はこんな方におすすめ
「肌がボロボロになってきた…」
「体がだるくて元気が出ない…」
「最近貧血気味」

亜鉛は体にとってかなり重要な栄養素なので、そこについて詳細に説明していきます。また、亜鉛以外にも健康面に良い栄養素もまとめてみました。

1.亜鉛不足になると、どうなるの?

1−1.貧血、めまい、体がダルくなる

私たちにとって欠かせない栄養素が亜鉛です。

亜鉛は体内で300種類以上の酵素を作るのに不可欠で、体の機能を正常に保つ機能があります。

なので、亜鉛が不足すると必然的に血液の酵素にも関わってくるので、血の巡りが悪くなったりします。

結果的に貧血、めまい等の症状が現れてきてしまうのです。貧血により、電車内などで倒れてしまうと床や壁に顔をぶつけて怪我をしてしまう事もあるので、注意しましょう。

1−2.抜け毛、口内炎、生殖機能の低下

これらも亜鉛が関係してきます。

体内の生産機能にも酵素が関わってきているため、抜け毛、口内炎などの体に現れる症状も出てきます。

特に男性の場合で抜け毛が気になってきた方は、亜鉛をひとまず飲み続けることをオススメします。改善しない場合は専門クリニックに早めに診断してもらった方が正確ですので、すぐに行きましょう。

1−3.風邪をひきやすくなる

体内の免疫力にも関連してきます。

最初の血の巡りが悪くなる事に関連していますが、体内の免疫機能の役割を担っている白血球が、巡りづらくなってしまうため、ウイルスへの耐久力が低くなってしまうんです。

社会人であれば、健康面には自己責任がつき回るものですよね。特に納品物があったり、絶対に行かなければならない打ち合わせがあったりした時に、「体の調子が悪いからできません。」とは日本では中々言いにくいです。

ですので、健康面を自分でしっかり管理するために、亜鉛を摂取することを心がけましょう。

2.健康のために摂取した方が良い栄養素3選

2−1.タンパク質

亜鉛以外にも健康面に良い栄養素があります。

1位『タンパク質』、2位『亜鉛』、3位『ビタミンC』これらが特に効果があります。

まずはタンパク質から説明していきますが、これは肌や体の大元を作る材料と考えましょう。

何かを作るにしてもまず素材がないと何も始められませんよね。家を建てる時に木やコンクリートが必要なように、体にも材料が必要になってくるのです。

タンパク質が多く含まれているのは肉、魚、乳製品、大豆、卵などですかね。パンやパスタは炭水化物によっているのでタンパク質はあまり得られませんので注意しましょう。

2−2.亜鉛

亜鉛を摂取することで得られるメリットは、コラーゲンの促進、新陳代謝の上昇、美肌、脱毛の防止などです。

亜鉛は材料(タンパク質)を加工する役割を持っています。

例えば先ほどの家を建てる時の材料(タンパク質)が木だとすると、亜鉛はそれを加工するノコギリやドライバーだと言えるでしょう。

つまり亜鉛がないと、タンパク質をいくら摂取したところで、健康面にはあまり意味を持たないのです。

亜鉛が多く含まれている食べ物は赤身、レバー、かき、卵、煮干し、カシューナッツなどに多く含まれます。

2−3.ビタミンC

これはコラーゲン作成を手助けしてくれる役割があります。

コラーゲン生成がより活発になると傷の修復が早くなったり、ニキビ跡を薄くできたりします。またメラニンの生成を抑えて、シミを防ぐ効果などがあります。

美肌になりたい方は、上記二つに加えてビタミンCを摂取すると、活性酸素が除去されてシワなどを防ぐ役割も追加されるので、摂取するのがオススメです。

ビタミンCが含まれている食べ物はレモン、いちご、パプリカ、柑橘系が多く含まれています。

 

まとめますと、亜鉛が不足すると体に色々な悪い症状が多発するので、亜鉛は毎日摂取するのが好ましいです。
健康面に気をつけておく場合は、タンパク質、亜鉛、ビタミンCの3種類の栄養素を毎日取り続ければ問題はないと思います。亜鉛やビタミンCはサプリメントで簡単に摂取は可能なので、飲み始めることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です