〜男のためのスキンケア・ビジネスブログ〜

ナチュラルメンズメイクのコツをまるっと解説

こんにちは、ミキシタです。

今回はナチュラルメンズメイクのコツについて記事にしていきます。

この記事はこんな方にオススメ
「メイクを始めたけど、うまくできない」
「ムラができてしまう」
「メイクが粉っぽくなってしまう」

メイクを始めると分かるんですけど、なかなか自然に塗るのって難しいんですよね。

今回の記事を読めばきっと自然なメイクができるはずです。

1.メンズメイクのコツ

1-1.顔のウブ毛を剃っておく

必ずメイクをする前に顔の頰や髭などは剃っておきましょう

メイクをする前に剃らないと、粒子が毛に付着して上手くなじみません。メイクが粉っぽくなる原因でもあります。

うぶ毛は若干ですが、黒っぽい色をしているため、コスメの粒子が付着するとノリが悪くなったり、ワントーン肌が暗く見えてしまいます。

また、ムラの原因にもなってしまうので、目元から下の顔のうぶ毛を剃ってからメイクする事を心がけましょう。

肌が弱い方は眉毛シェーバーなどを使うと、肌に負担をかけずに毛だけを剃る事ができます。

1-2.パフを使ってメイクを伸ばす

素手で伸ばすのとムラができてしまう方はパフを使いましょう。

オススメは『SIXPLUS 多機能メイク用スポンジパフ』です。これは「平面」「先端」「丸」の部位があるので、顔の部位ごとに塗りやすいです。

具体的には、パフの平面部は顔の頰・おでこ等の面積の大きい部分に使えますし、先端部は鼻の周りの部分に対して、ファンデーションをムラなく伸ばす事ができます。

丸の部分はコンシーラーを使う場合などにポンポンとするだけでムラを消せます。

結構便利なので、手で伸ばすのが難しい人はパフを使ってみるのもありだと思います。

1-3.トーン合わせが最も重要

肌のトーンに合うコスメでメイクしない限り、ナチュラルメイクはできません。

なぜなら首と色が合わず、メイクが不自然になってしまうから。

メイクが下手な人は顔だけ真っ白になりがちです。私も初めはなかなか肌に合うものを見つけられず苦労しました。

肌の色に馴染むかどうかは、一度店頭でファンデーションを腕に塗って試すのが一番早いです。

ここで人の目を気にしたら負けです。私はもう普通に化粧コーナーに入れるようになりましたが、最初は勇気がいります。頑張りましょう。

2.メイク後の注意点

2-1.塗りすぎないようにする

厚塗りはやめておいた方が無難です。

メイクを厚塗りすると肌があまりにも作りものっぽくなってしまい、逆に違和感を与えてしまうからです。

シミやニキビ跡が気になる方はコンシーラーを使って集中的に隠しましょう。全体をわざわざ厚塗りしなくても、これだけでほぼ気になる所は見えなくなります。コンシーラーはBBクリームの後でファンデーションを塗る前に使います。

厚塗りすると、メイク崩れで顔がドロドロになってしまうこともあるので、デメリットが多いです。

2-2.眉毛を避けるように伸ばす

ファンデーションとBBクリームを塗る際は眉毛を避けて塗ってください。

塗ってみるとわかりますが、眉毛にコスメが付着するとすごく目立ちます。

メイクを始めたばかりの方は、眉毛にコスメの粒子が残ってしまう事が多いので特に注意が必要です。

眉毛に付着してしまった際は、ウェットティッシュなどで拭くと取れるので、メイクが終わった後は拭き取る癖をつけましょう。

2-3.メイク前の化粧水は絶対必須

メイク前に必ず化粧水で保湿しましょう。

この工程を飛ばすと、メイク崩れ、粉っぽくなる、メイクのノリの悪さなどの全ての原因に繋がります。

メイクは下地によって大きく状態が変動します。肌が乾燥している状態でメイクすると、水分が少ないのでメイク後にほうれい線などがはっきり出てしまったり、メイクが全然伸ばせず、ムラができてしまう原因にもなるので必ず化粧水を使いましょう。何事も基礎が重要です。

 

今回のナチュラルメイクのコツさえ掴めれば、自然なメイクで清潔感を生み出す事ができるので、

デートをする際や、営業で仕事をとりたい場合などに使ってみましょう。

肌が綺麗というのはそれだけでも武器になりますし、メリットは多いです。やってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です