〜男のためのスキンケア・ビジネスブログ〜

【知らなきゃ損】化粧水のオススメ使い方と便利グッズ

こんにちは、ミキシタです。

寒い季節がやってきましたね。この時期は肌がすごく乾燥します。

今回は、そんな肌のカサつきを事前に予防するための化粧水のつけ方と、便利なグッズを記事にしていこうと思います。

 

こんな方にオススメ
「化粧水をつけたのに乾燥する」
「乾燥の影響でニキビが増えた」
「保湿する際に使えるグッズが知りたい」

こういった悩みを解決していこうと思います。

 

冬の乾燥は肌トラブルの原因に大きく繋がるので、保湿を奥までしっかりと浸透させるやり方覚えておきましょう。

それでは、その方法を公開していきます。

 

1.化粧水のオススメタイプと肌質に合うかどうか

1-1.化粧水は使い切りのマスクタイプが吉

化粧水は10~15分の間、肌にひたす必要性があるためマスクタイプがオススメです。

肌の奥に化粧水を浸透させるには、ある程度の時間が必要になります。

化粧水単体のタイプを使用する場合はコットンマスクという物があるので、それを使用するようにしましょう。

 

なんでマスクタイプがいいの?

ムラなく顔全体を化粧水で保湿するためです。

通常の四角いコットンに染み込ませて使うやり方だと、どうしてもムラが発生してしまうので、部分的に乾燥する原因になります。

また、化粧水を冷蔵庫に冷やしておけば、お風呂あがりのほてった顔をすぐ冷やしてくれますし、非常に気持ちいいです。

 

1-2.化粧水が肌に合うかどうかは千差万別

化粧水自体は人の肌によって合う合わないがあります。

これは肌質を理解して自分の肌に合う化粧水を手探りで探してくしかないです。

私の場合はベタっとする化粧水は肌に合わず、ニキビが通常よりできやすくなる体質でした。

そこで比較的サラサラしている化粧水を探し、たどり着いたのが『KOSE 肌ホワイトマスク』でした。下にリンクを貼っておきます。

あくまで私の肌にはこの化粧水マスクが合っていただけですので、参考程度にしておいてください。

 

2.マスクタイプの化粧水にはダイソーのシリコンマスクがオススメ

2-1.化粧水マスクの効果を増幅させるダイソーのシリコンマスク

ダイソーのシリコンマスクは化粧水マスクを使っている人にとっては神器のような存在です。

まず、素材がシリコン製で出来ているので洗えば何度でも使えます。

 

シリコンマスクのメリット

・肌にだけ化粧水が浸透する
・乾燥しない

 

肌にだけ化粧水が浸透する

化粧水マスクは通常、体温の熱と空気乾燥により水分が飛んでしまいがちです。

このシリコンマスクを使用すれば肌にだけ吸収されていくので、肌の奥まで浸透してくれます。

 

乾燥しない

肌に吸収される以外、外気に水分が飛んでいかないので、乾燥しません。

化粧水の効果を持続させてくれます。

顔から外した後はもっちり肌が完成されています。ちなみに、これはYoutuberの関根リサさんもオススメしていました。

 

最後になりますが、人によって肌質が違うので自分にあう化粧水を見つけ出すのは
手間がかかりますが、本当にぴったりなものを見つけると肌が全然変わります。

シリコンマスクは本当にオススメなのでダイソーに行ったら100円なので買ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です