〜男のためのスキンケア・ビジネスブログ〜

Windowsから移行してきた人必見!Macbookの便利なアプリ6選

こんにちは、ミキシタです。

今回はMacで使えるアプリをテーマに記事を書いていこうと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ
「仕事効率化アプリを知りたい」

「windowsから移行してきたけど、ワークスペースが慣れない」

「windowsでしか使えないソフトも使いたい」

こういった悩みを解決していこうと思います。

 

先に伝えておきますが、Bootcampを入れなくてもMacでもwindowsの作業は可能です。

私も使い始めた当初は不便だなと感じていましたが、今ではとても使いやすいと感じています。

Macは色々とアプリが優秀なので、今まで見つけてきた便利なアプリを紹介していきます。

 

1.仕事を効率化できるアプリ

1-1.Magnet

これはwindowsからMacに移行した人なら絶対に入れたほうがいいアプリです。

理由は、Windowsでは標準のワークスペースを整理する機能が、Macだと搭載されていないから

私が最初にwindowsからMacに移行して不便に思ったことは、ワークスペースが端にドラッグしても画面が半分にならないんですよね。

これを知ってから、Macが劇的に使いやすくなったのでオススメです。

 

1-2.Parallels Desktop

Macでもexeファイルをインストールして、使いたい方にはうってつけです。

これはMac内にWindowsを仮想デスクトップとして入れるアプリです。

やはりMacで不便な点は、exeファイルをインストールできないことですよね。

私はCG関係の仕事をしていて、打ち合わせにどうしてもexeファイルのソフトを入れておく必要がありました。そこで見つけたのがこのアプリです。

 

Parallels Desktopのメリット

・BootCampほど容量を取らない
・Windowsを使いながら、Macを使用できる
・MacとWindows間のデータのやりとりが簡単

 

BootCampほど容量を取らない

一番のメリットはwindows10を入れても24GBで済みます。

一方Bootcampでwindows10を入れると、最低でも64GBの容量を使わなければならなくなります。

私のように出来るだけ容量を使いたくないけど、windowsを使用したい方はParallels Desktop一択です。

 

Windowsを使いながら、Macを使用できる

Parallels Desktopはアプリなので、Macを使いながらデスクトップ間の移動で同時作業ができます。

また、起動もサクサクなので、イライラもたまりません。

快適に作業ができますが、CPU使用率が必然的に上がってしまうので、重い作業はしない方がパソコンに負荷がかかりません。

 

MacとWindows間のデータのやりとりが超簡単

デスクトップ間で移動ができるので、データをドラッグ&ドロップで簡単にコピーなどができます。

これもすごく便利で、仕事ではよく使用します。

windowsのexeソフトで作業をしたら、Macに移動して画像を処理してアップロードしたりなどです。簡単にできるので便利です。

 

1-3.MagicCopy

コピー情報を残しておくアプリならこれがオススメです。

理由は単純で、無料で手軽に始められて、使いやすいからです。

コピーした文字とかって、再度コピーすると上書きされて消えちゃいますよね。でもこのMagicCopyを使用すればコピーした情報が残ります。

具体的には、ブログを書いていたりすると、画像サイトで検索する際は英単語で調べるのが基本になってくるので、翻訳した英単語をコピーしたりするときに私は使用します。

 

2.入れておくと便利なアプリ

2-1.RunCat

常にデータの使用量を把握しておきたい方は、このアプリを入れましょう。

アプリを使用すると右上のバーにCPU、メモリ、データの使用量を表示してくれます。また、無料で使用できます。

メモリやCPUは使用率が高くなると、どんどん重くなっていきます。私はこの使用率を見て、マルチタスクが可能かどうかを判断しています。

あと使用率によって猫のアイコンが早く動いたりするので、直感的に見やすいし、とても可愛いらしく癒されます。

 

2-2.NoisyTyper

ブログを執筆する際に、気分を上げたい方にオススメです。

このアプリを起動すると、キーボードを押すたびにカチャカチャなるようになる。

はい、これだけの機能です。シンプルですね。だけど、私はブログを書く時は意外と毎日使っています。

カチャカチャと音がなるだけで癒されるし、心地いいし、記事を書いてる実感が湧くんですよね。不思議です。

 

2-3.Trello

ToDoリストで一番使いやすいです。

このアプリは直感的で作業がしやすいのが特徴です。(無料)

リストとリストの間をドラッグで移動できたり、背景を変えられたり、ダッシュボードを複数作ったりできます。

また、パソコンとスマホで共有ができるので、どちらでも作業ができるのが便利な点ですね。

 

今回は6個のアプリをご紹介しました。

入れておくだけで作業性が上がるので、インストールしておいて損はないと思います。

特にTrello、NoisyTyper、Runcat、MagicCopyは無料なので、いますぐ始めることが可能です。

ぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です